作成者別アーカイブ: eigabook

フェイクドキュメンタリーの教科書

『フェイクドキュメンタリーの教科書』
白石晃士 著
2016年 誠文堂新光社

ホラー映画などで活躍を続ける著者が、
フェイクドキュメンタリーという手法について語る本。

言葉の分類やこれまでの歴史に始まり、
個人的に行っているテクニックまで。
編集テクニックなども写真入りで紹介されていて参考になります。

付録のDVDには、
企画から撮影終了までの9時間のドキュメンタリーも。
編集のやり方なども参考になります。
※少しかじった人向けかな。

面白いと思った手法をいくつかピックアップしました。
(※少し文体を変更)

・セリフはしっかり用意していたわけではなく、撮る前に「こんな風なことを言って欲しい」と口頭で伝える。文字に囚われて演技がわざとらしくなってしまうから。

・アドリブはあまりない。フェイクドキュメンタリーであっても、脚本がないとダラダラ撮って撮影時間の無駄。脚本段階でいろいろ絞ってリズムを生み出すようにしている。

・キャスティングは重要。芝居っぽい芝居をしない役者を選ぶ。しかしこれは監督の感性でしかない。

・役者のことをよく知り、本人の中にある資質をキャラクター演出に活かす。その資質を利用する。

・カメラは自分で回す。どうしても長回しが多くなるので、ほかの人にカメラを任せると、「かっこいい画角」などをつい目指してしまう。これは感覚的な問題なので、指示を出すのが難しい。

・物語は、カメラを回していても不自然ではないシチュエーションからスタートする。結婚式とか運動会、誕生会、旅行先など。そして、撮り続ける必然性を考える。

・一眼レフの映像は劇映画向きで美しいので使わない。シンプルなカメラの方がリアリティーが出る。

・録音は重要。劇映画のようにセリフっぽく話すわけでもなく、ブツブツ言ったりもするから。

プロジェクションマッピングの教科書

『プロジェクションマッピングの教科書』
田中健司 著
2017年 C&R研究所

プロジェクションマッピングとは、
夜の建物などに、映像を投影する表現手法のこと。

映画制作とは少し違いますが、
制作過程を見ていると限りなく近いと思いました。

教科書と銘打っているだけあって、
関係する内容が網羅的に解説されています。

機材の話だけでなく、
許可申請やチームワークについても。

大掛かりな投影となると、
何人も人手が必要なんですね。

そして、最も共感したことですが
ソフトや制作以外に、
企画力やコミュニケーション力がいかに大事か、と。

これもまた、映画制作も同じですね。

豪快!映画学―ジェームズ・キャメロンTalks About Film

『豪快!映画学
ジェームズ・キャメロンTalks About Film』

ジェームズ・キャメロン&小峰隆夫 著
2001年 集英社インターナショナル

言うまでもないヒットメイカー、
ジェームズ・キャメロン監督への
インタビューをまとめた本です。

日本人著者は、ターミネーター2で
T1000との遭遇シーンで殺される役の人!

この本で気になった箇所をピックアップしてみます。

○実際には体験できないことを、映画の技術で追体験させる。
これがヒットにつながる。

○監督は役者を泣かせるんじゃなくて、観客を泣かせなきゃいけない。

○どんなアイデアを思いついても、どこかで誰がすでに考えてる。
だから、自分の好みにこだわる方が安全。10年15年とずっと関心を持ち続けながら、世間が見過ごしてるような素材。

○絵コンテを使うのは好きじゃない。自由な発想ができなくなるし、どうしても動きのないスナップショットみたいになるから。
※キャメロンは絵が凄まじくうまい
監督のやり方は千差万別。絵が上手に描けるかは関係ない。どうしても必要なのはコミュニケーションののうりょくだけだ。

○最初に技術ありき、ではない。どんな映画が撮りたいのか、に尽きる。

○映画監督になるのに必要なのは、作り方・テクニックを知ることではなく、外に出ていろんな経験をすること。
映画学校の生徒たちには、「人生のことをどれだけ知ってる?」と聞きたい。

○重要なのは、すぐに映画監督になろうとしないこと。まずはスタッフとして映画に関わる。いろんな仕事をすることで、彼らが何を考えているのかを知ることができる。

Star Wars Storyboards: オリジナル・トリロジー

『Star Wars Storyboards: オリジナル・トリロジー』
2015年 Lucasfilm

映画スター・ウォーズの初期3部作の絵コンテです。
ハードカバーの豪華版(お値段も豪華!)。

スターウォーズファンならば文句なしに楽しめるでしょう。
ただ、僕は別の視点でこの本を手に取りました。

それは、「SFという、誰も見たことがない世界をどう絵コンテにするのか?」という疑問からです。

結論から言うと、
「絵コンテを描いてから、そして描きながら作り上げていったのではないか?」と感じました。

まず、ストーリーがあります。
キャラクターの性格、そしてある程度の容姿なども話し合いで決まるでしょう。

しかしそこからはもう、完全に空想の世界です。

絵コンテ作家もたくさん関わっています。
(あちこちで絵のタッチも異なります)

SFだからこそ、絵を描いてみて、そこからあーだこーだと打ち合わせを重ねていく。
これが必須だったのではないかと考えます。
だから、通常の絵コンテよりもしっかりと描き込まれている気がします。

ヨーダやC-3PO、そしてダースベーダーなどのおなじみのキャラクターも、
いまいち絵が固まっていない部分も見受けられます。
(確かにこれはヨーダなんだろうけど、違うな・・という感じ)

映像化される前の青写真を覗いているような、ワクワク感を感じる書籍でした。

クライマックスまで誘い込む 絵作りの秘訣

『クライマックスまで誘い込む
絵作りの秘訣』

マルコス・マテウ=メストレ 著
2014年 designstudiopress

水墨画のようなタッチで描かれているので、
初心者が誰でも描ける、というわけではないでしょう。
タッチはいかにもアメリカン、です。

「構図と光の当たり方を組み合わせた絵作り」についてサンプルを掲載しています。
専門用語もたくさん飛び出します。
しかしこれはいちいち理解する必要もないでしょう。

サンプルを見ればワクワクします。

見上げると威圧感が出て、
見下ろすと不安感が出る、
などは分かりやすい。

それ以外にも、膨大なデータが並んでいます。

例えば・・

●だだっ広い風景にポツンと1台の車があると、
次に何かが起こることを暗示する効果がある。

●首から下だけを見せ、持ち歩くバッグや、
イラついている手の動きを写して緊張感を高める。

●画面に写っている人物も、帽子などで顔が隠れていれば、
構図の一部でありストーリーには関係ないキャラクターとして描ける。

これをそのまま再現するのはなかなかハードルが高いと思いますが、
気に入った構図を選んで、自分の作品に使ってみるのも面白いでしょう。

※著者のブログで絵のタッチが確認できます。
http://marcosmateu.blogspot.jp/

ビデオグラファーのための 音声収録&整音ハンドブック

『ビデオグラファーのための
音声収録&整音ハンドブック』
2017年 玄光社

待ってました!的な本です。

撮影をしたことがある人なら全員、
「音を録るのが難しい」
ということを感じると思います。

前半の基本原理とか波形とか
そういう知識はすっ飛ばし、
途中からの具体的な収録方法を読むといいですね。

そして撮影現場の収録方法だけでなく、
録った音声からノイズを取り除く方法まで。

類書があまりないこともあり、
この本は「買い」です。

でもやっぱり、
「一度は自分で撮影・録音したことがある人向け」
かな。

映画のようなデジタルムービー表現術

『映画のようなデジタルムービー表現術』
ふるいちやすし 著
島内哲朗 訳
2013年 玄光社MOOK

この本はですね、初心者は読んではダメな本です。
映画を作ったことがない人にオススメしない、
ものすごくいい本なのです。

デジタル一眼レフを使って、
いかに映画っぽい映像を仕上げるかについて、
大量の事例とカラー写真を使って解説しています。

僕なんて見ているだけでドキドキします。
個人で映画を作りたい人が求めている本です。
他になかなかない、素晴らしい本だと思います。

でもねえ・・・
こういったことにこだわり始めると、
経験の少ない個人の映画は進まないですよ。
満足いくスタッフも集めるのは難しいでしょう。

まとめです。

多分、買っておくといいでしょう。
勉強したい人は満足します。

でも同時に、あまり頼り切らずに
どんどん撮り続けましょう。

でも、
★カルフ文庫認定!

ネット時代の動画活用講座

『ネット時代の動画活用講座』
大須賀淳 著/2015年/玄光社

セミナーの収録、インタビュー動画、商品紹介、店舗の紹介と、
具体的な事例を挙げてその撮り方・作り方を紹介している点がすばらしい。

ところどころ、ちょっと細かく深い点に掘り下げている部分もあり、
対象が広い本だとも感じました。

仕事に使える動画術

『仕事に使える動画術』
家子史穂・千崎達也 著/2015年/翔泳社

企業内で動画を作ることになった担当者が読むといい本、と言えるでしょう。
前半が成功事例終と企画書、後半が具体的な作り方アドバイスとなっています。

編集ソフトもフリーからプロ用まで紹介されているなど、内容の幅広さはすばらしい。
それだけに、特定の部分をもう少し掘り下げて欲しい・・と言う声は必ず上がってしまうでしょう。

全体像の把握に適した本になっています。

ショートムービー作りでおぼえる 動画撮影の教科書

『ショートムービー作りでおぼえる 動画撮影の教科書』
瀬川陣市 著/2014年/秀和システム

カラー写真を多用しており、見せ方も初心者を意識した造りになっています。
作り方、と言う視点では、悪くない本です。

自分の中で、「こんな動画を作りたい」と言ったアイデアがあり、あとは具体的な作り方の基礎だけ知りたい、と言う人にはピッタリの本と言えるでしょう。