映画制作の教科書 プロが教える60のコツ

『映画制作の教科書 プロが教える60のコツ』 衣笠竜屯 監修 2020年 メイツ出版 監修者は自身も映画を作り続けながら、神戸で社会人向けに映画を教える活動を続ける方。 実は、ここで教わった人と親しくさせていただいている…


ドキュメンタリーを作る2.0 スマホ時代の映像制作

『ドキュメンタリーを作る2.0 スマホ時代の映像制作』 山登義明 著 2016年 京都大学学術出版会 はじめてドキュメンタリーを撮ってみたいという人には格好の教科書となる本だと思いました。 大学の先生が、初めてドキュメン…


MARVEL 倒産から逆転NO.1となった映画会社の知られざる秘密

『MARVEL 倒産から逆転NO.1となった映画会社の知られざる秘密』 チャーリー・ウェッツェル他:著 上杉隼人:訳 2020年 すばる舎 本屋で見つけて即買いでした。 アイアンマンやスパイダーマンを生み出した、あのマー…


PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

『PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話』 ローレンス・レビー 著/井口耕二 訳 2019年 文響社 何度か取り上げているピクサー本の一つ。 これまでの本が全てクリエイティブな面に ついて書…


ピクサー流マネジメント術

これは、僕が人生で最も感動した本の一つです。 『ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか』 ピクサー社。 誰もが知ってる、アニメーション映画の制作会社。 『トイ・ストーリー』『ファインディン…


ビデオグラファーの制作術

『一人で質の高い映像作品を作る!  ビデオグラファーの制作術』 岸本 康 著 2015年 玄光社 とてもいい本を見つけました。 一人で映画を作るための、 そしてちょっとレベルが上の映像を目指すための、 事細かい情報が満載…


大河ドラマをつくるということ

『大河ドラマをつくるとうこと』 大石学・時代考証学会 編 2012年 名著出版 大河ドラマの制作を通して、時代考証をどう考えるかを解き明かして行く本。 「なるほどなあ・・」としみじみ納得する内容でした。 時代考証というも…


日本映画の世界進出

『日本映画の世界進出』 掛尾良夫 著 2012年 キネマ旬報社 映画業界に精通する著者による、映画業界の分析本。 日本映画を中心とした近代映画史、と言えるかもしれません。 これまでこの類の本は結構読んできましたが、これは…


日本のドキュメンタリー

『日本のドキュメンタリー』 佐藤忠男 著 2009年 岩波書店 戦前戦後を通して、ドキュメンタリー映画の歴史と現在をまとめた本。 DVDが付いていて、実際の映像も少し観ることができます。 歴史としては知らないことが多かっ…


映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?

『映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?』 斉藤守彦 著 2009年 ダイヤモンド社 映画の配給・興行の歴史をひもといていき、映画の入場料金の経緯を追って行く本。 年代別の興行収益、なんていうのはよく本に出てますが、…