カテゴリー別アーカイブ: シナリオ

複眼の映像

『複眼の映像』
橋本忍 著
2006年 文藝春秋

黒澤明と一緒に『羅生門』『生きる』『七人の侍』 などを書き上げたシナリオライター、橋本忍の本。
古臭くて説教くさい本だと勝手に敬遠してきたのだけど、読んでみたら、いやあ、面白かった!!!

昨今の一般的なシナリオの本は、「テクニック」を羅列していることが多い。
しかし本書では、<書く過程>を丁寧に追っていく。
成功例だけでなく、失敗作(興行的)についても同様に触れている。

特に、タイトルにもなっている、共同で脚本を書く(複眼)、という仕事のやり方についての解説が面白い。

もちろん、時代背景や立場によって真似できる・できないもあるでしょう。
しかし、得るものはたくさんあります。

面白いと思った箇所を抜粋します。

・シナリオライターを目指したが、小説家に方向転換して有名になった人はいる。
しかし、小説家からシナリオライターになった例は無い。
これは小説は読み物、シナリオは設計書、という全く性質の異なる別々の生き物であるため。

・一二テーマ、二にストーリー、三に人物設定。
これが、シナリオを書き始める前に必要な事。
これを愚直に積み上げていく。

・シナリオには起承転結がある。起は始まり、承は展開、転は最高潮、結は終わり。
しかし用語が古いので、私たちは、スタート、展開、クライマックス、ラストと呼んだ。
シナリオの構成には、書くことのできぬ四つの段階がある。
これらを4つの箱に分けて「四つ箱、大箱」と呼ぶ。「大箱はどうした」「大箱はどうなってる」などと使った。

・黒澤さんは大学ノートを取り出した。勘兵衛の人物像が書き込んである。背の高さに始まり、草履の履き方、歩き方、他人との応答の仕方、背後から声をかけられた時の振り返り方、ありとあらゆるシチュエーションに対応する立ち居振る舞いが、所々絵を交えて延々と続いている。
私はガーンと棍棒で殴られた感じだった。
シナリオを書く場合、誰でもテーマとかストーリーはそれなりに作るが、面倒臭くて手が抜けるのが人物設定、人物の掘りである。それらをすっ飛ばし、本文の書きに入ってしまう。人物が動き出せば、人間性などは自然に成立するから、二度手間のような気さえする。
でもそれは違う。
人間は恐ろしいほど数多い共通点を持ちながら、一人一人に特質があって違うのだ。だからドラマが成立する。人物を掘り込み、特質を書き込んでこそ、俳優さんの演技にも工夫と努力が生まれる。
シナリオの出来上がりの善し悪しは、面倒でひどくおっくうでつい誰もが手抜きになってしまう、人物の掘りにあると言っても過言では無いのだ。

・黒澤明にはシナリオについての哲学がある。
「仕事は一日も休んではいけない」
彼に言わせれば、シナリオを書く作業はマラソン競走に似ているという。頭を上げてはいけない。目線はやや伏せ目で、前方の一点を見つけ黙々と走る。ただひたすら走り続けていればやがてはゴールに到達する。
黒澤組の1日の仕事量は平均でペラ15枚。朝の10時から午後5時まで7時間。だから三週間籠もれば、実働二十日間で、一本300枚程度の脚本が仕上がる。
休めば逆に体が疲れる。稽古事には一日も体を休ませてはいけないのだ。

・黒澤組の共同脚本とは、同一シーンを複数の人間がそれぞれの眼(複眼)で書き、それらを編集し、混声合唱の質感の脚本を作り上げる。それが黒澤作品の最大の特質なのである。
映画の世界では共同脚本の例は数多い。しかしそれらは誰かの書いたホンに、プロデューサーや監督が修正を希望し、脚本がが応じないため、他のライターを起用して手を入れる、みたいなことが多い。
しかし、黒澤組のように、同一シーンを書き揃え、それらの取捨選択から、隙間や弱みのない、充実した分厚い、新鮮な脚本を作るなど、他に例がない。

****

「共同脚本(複眼)が完璧である」などとは書いていません。
黒澤明という、人を見抜く目を持った強いまとめ役がいてからこそ。
著者ならではの、共同脚本についての分析本である、とも思いました。

「感情」から書く脚本術

『「感情」から書く脚本術』
カール・イグレシアス 著
島内哲朗 訳
2016年 フィルムアート社

感情を動かさない脚本はダメだ、
と著者は言い切ります。

著者は、アメリカで人気のシナリオ講師。

・話術巧みに語るための3つの感情
・テーマを語らず見せるための9つの技
・キャラクター造形に必要な5つの質問
・やってはいけない台詞の失敗
などなど、具体的なノウハウが満載です。

400ページ強の充実した内容ですが、
これを読めばシナリオが書ける、とは正直思いません。

やはり、最初は適当でもいいから自分で書くべき。
そして、詰まった時に辞書のように
見返してみるのが正しい読み方ではないかと思います。

シナリオ無頼 祭りは終わらない

『シナリオ無頼 祭りは終わらない』
中島丈博 著
2010年 中公新書

脚本家、中島丈博の本です。
「シナリオライター」ではなく「脚本家」とあえて書きたい。

しみじみと読み終わった本でした。
これぞ、脚本の書き方だ、と思ったからです。

この本は、脚本のフォーマットだとか、表現方法だとかには一切触れていません。
ただただ、著者の反省をつづっていく内容です。
でもこれが、僕にはすごく沁みました。

時代背景も古く、今求められるものとも大きく違う。
でも、田舎から都会に出て来たときの不安とか、業界に身を置いたときの周りとの距離のとりかたとか、気に入らない時のケンカの仕方だとか・・・
人と人は、まったく変わらないなあと思うのです。

脚本には、書き手が乗り移る。
書き手の人生から離れられない。

そんなことを考えた本でした。

ジェームス三木のドラマと人生

『ジェームス三木のドラマと人生』
ジェームス三木 著
2008年 社会評論社

脚本家、ジェームス三木のエッセイと脚本論と半生記。
脚本についてなるほど、と思うところは前半に集中してます。

○脚本家としての私は、言葉の伝達をなるべく正確にしたい。一つのヒントは、なるべく短い言葉で表現すること。
このシーンは重要だから、言葉をたくさん使って書こう。心理描写、性格描写を丹念に書き込もう。
こう考えるとだいたい失敗する。たくさん書くと焦点がぼけるのだ。

○実は脚本家は、文才のある人より数学のできる人が向いている。

○「ドラマは数学である」野村芳太郎監督はそう教えてくれた。ムダな登場人物は一人も要らない、なくてもいい場面は、あってはならないと。
その後私は、極意を体得した。ドラマノ構成は、場面と場面、人物と人物、要素と要素が、掛け算になっていなければならない。足し算にしかならない部分は、全てオミットする。

○ドラマの脚本も、さまざまな制約がある方が、すんなり書ける。
製作予算が決まっていて、俳優のスケジュールがタイトで、しかもスポンサーの要求が厳しく、締切が目前に迫っていれば、選択肢は自ずから限定される。
えーいとばかりに書きまくるしかない。
「締め切りはありません。予算は無制限です」と言われると、たぶん途方に暮れる。
選択肢が多すぎて、何をどう描けばいいのか、あれやこれやと手がかりを探すうちに、焦点がぼやけて、駄作に終わりかねない。

○「セリフと感情とは、一致しないのが面白いんだよ。人間的なんだよ」
ダメな役者は、セリフ=感情、と思い込んでいる。だから演技が平べったくなる。

超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方

『超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方』
沼田やすひろ 著
2011年 講談社

おもしろい脚本の書き方を、ハリウッドの三幕構成や日本の起承転結なども含め、横断的に展開していきます。
映画だけでなく、アニメやゲームのシナリオにまで応用できる点は非常にいいですね。

全体を三幕構成・13段階に分けて紹介するあたりは、『SAVE THE CAT の法則』にも通ずるところがあります。
ジャンル別の展開案や、キャラクターの作り方にまで話が広がり、盛りだくさんの充実した本です。

徹底的にフォーマットに当てはめて書いてみたい人にはピッタリの本かもしれませんね。

スーパー編集長のシステム小説術

『スーパー編集長のシステム小説術』
校條剛 著
2009年 ポプラ社

長年、編集者として活動してきた筆者が、どうやって小説を書けばいいかを語ります。
精神論ではなく、徹底的にマーケティング・手法に特化しているのが面白い。
この考え方は、小説だけでなく映画にも言えると思います。

・ひとは他人に興味はない。
・情熱こそ最大の才能。
など、名言だなあと思う点もちらほら。

キャラクターや設定の作り方のパターンも数多く掲載していて、これは参考になるなあ。
それぞれの文学賞に受賞するための方法やデビューするための方法、編集者とのつきあい方まで詳しく解説していきます。

小説の書き方よりも、映画のシナリオの書き方の方がシステマチックに解説されていて、シナリオから入るのも一つだ、と著者は言います。

ヒーローの作り方

『ヒーローの作り方』
オットー・ベンズラー 編/小林宏明・他 訳
2010年 早川書房

キャラクターの生み出し方を、様々なミステリー・冒険・探偵作家たちが紹介していく本です。
詳しい人から見たらたまらないラインナップなのかもしれません。
しかし個人的には、ロバート・パーカーのスペンサーと、デビット・マレルのランボーしか分からなかった。

名前の付け方、性格の決め方・・・当然、たった一つの方法があるわけではないのだけど、
だからこそ、いろんな方法、考え方に触れる事ができるのは貴重です。

共通して感じたのは、キャラクターを「作った」のではなく、「やってくるのを待った」ということ。

ジョン・コナリー氏の章に、なんだかひどく、感動しました。
ヒーローが、世の中に対して主義主張、ポリシーを持っているのだ、と。
言葉とか恰好とか、そういうことではなく、確固たるものは、信念だったり、生き方だったりする。
読者は、そこに共感し、憧れる。
それが、ヒーローたるゆえんかもしれません。

一人の著者は、こう締めくくっていました。
「彼らがこれからどんな人生を送るのか、どうなっていくのか、誰にも分からない」

だれでも書けるシナリオ教室

『だれでも書けるシナリオ教室』
岸川真 著
2010年 芸術新聞社

この本の特徴は2つあります。
1つ目は、青春ものの型、ホラーの型、ホームドラマの型・・・と、
あらゆるシナリオのジャンル別に、ストーリーの「型」を列挙していること。
これはすばらしい。
自分が書こうとしている型に当てはめながら書くことができます。

2つ目は、著者が一つのシナリオを書く行程を、依頼を受け、苦しみ、
解決していく様子をドキュメンタリータッチで解説していること。
シナリオを書いたことが無い人、書きながら苦しんでいる人は一読の価値があります。

面白かったところを抜粋。
●ト書きで、ライター側から監督へカット数の要求ができる。
●忘れっぽい人は小道具に注意する。必ず活かさないといけないから。
●有機的に結びついていかない音楽の指定は脳の無駄遣い。

「おもしろい」映画と「つまらない」映画の見分け方

『「おもしろい」映画と「つまらない」映画の見分け方』
沼田やすひろ 著 / 金子満 監修
2011年 キネ旬総研エンタメ業書

日本人による、映画構造の分析、解説本です。
やっぱり、シナリオ分析は面白いですね。
内容としては3幕構成で、ハリウッド系の本でもよく見かけるけれど、
さらにそれを、13フェイズに分けて細かく解説していきます。

僕のいつものコメント通りなのだけれど、
書く前にこれを手本にしてしまうと、なかなか筆が進まないかも。
だから、一度シナリオを書いてから、推敲するときに使いたい。

面白かった記述はこちら。
「日本映画のシナリオは、「狙うターゲットにとって売りになる俳優が
複数登場した場合には、それぞれにしっかりとした見せ場を用意する」
という慣習があります。(中略)よって、何が言いたいのか分からない」

映画脚本100のダメ出し

『映画脚本100のダメ出し』
ウィリアム・M・エイカーズ 著
シカ・マッケンジー 訳

ハリウッド式の脚本術の本です。
ハリウッド式の映画本はたいてい、「いかに売り込むか」「どうやってカネにするか」というポイントを考えて書かれていますが、
この本も多分に漏れず、のっけから「選ぶ人(リーダー)にいかに読んでもらうか」をこれでもか、と強調してきます。
このリーダーの選定に落ちないような、お眼鏡にかなうようなコツをたっぷり取り上げていきます。

もちろん、お眼鏡にかなうというのは、脚本として優れているということ。
良い脚本にするためのコツも満載です。
個人的になるほど、と思った点をいくつか。

●悪役が、自分が主人公である、と信じている。大義を持っている。
確かに、生き生きと描かれる悪役は、悪役たる理由があります。
●登場人物のキャラは、見てくれではなく性格や動作で際立たせろ。
髪の色や目の色、ハンサムかどうかということを書くのではなく、変わった癖を持っているとか変な言動など。
●セリフにアラビア数字を使うな。
これは目から鱗でした。(ただ、英語ならでは、かな)人によって読み方や文字数が変化するから、とのこと。

本の最後の部分は、脚本家を目指すのは諦めろ!くらいの勢いでたたみ掛けてきます。
ちょっと試してすぐ止めたり悩んだりするな、ということだと思います。