ビデオグラファーの制作術

『一人で質の高い映像作品を作る!  ビデオグラファーの制作術』 岸本 康 著 2015年 玄光社 とてもいい本を見つけました。 一人で映画を作るための、 そしてちょっとレベルが上の映像を目指すための、 事細かい情報が満載…


映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?

『映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?』 斉藤守彦 著 2009年 ダイヤモンド社 映画の配給・興行の歴史をひもといていき、映画の入場料金の経緯を追って行く本。 年代別の興行収益、なんていうのはよく本に出てますが、…


体感ヤマガタ

『体感ヤマガタ』 川島信治 著 2009年 三帆舎 山形国際ドキュメンタリー映画祭の20年を追った、この本自体もドキュメンタリーです。 しかし、ドキュメンタリーって難しいなあと思うんです。 背景となる歴史、深い洞察、興味…


映画館のまわし者

『映画館のまわし者』 荒島晃宏 著 2011年 近代映画社 現役の映写技師による、エッセイです。 開映(と言うらしい)準備から上映、片付け、終映までを丁寧に追っていきます。 上映中のことや、休憩時間、トラブル・事故なども…


映画バカ111日にっぽん旅行記

『映画バカ111日にっぽん旅行記』 ユリ・ヨシムラ・ガニオン 著 宮平貴子 ブログテキスト 2011年 かもがわ出版 映画『アンをさがして』の日本全国上映行脚の旅をつづるドキュメンタリー本です。 資金集めから映画製作の背…


1/4 の奇跡

『1/4 の奇跡』 入江 富美子 著 2007年 三五館 主婦が思い立って作り始めた映画のドキュメント本です。 ある日、ふとひらめいたコンセプトを なんとか映画作品にしようと奮闘し、実現する過程を描きます。 映画の構図と…


ミニシアター巡礼

『ミニシアター巡礼』 代島治彦 著 2011年 大月書店 BOX東中野を作り、そして潰してしまった著者が、 日本各地のミニシアターを回り、そしてその運営者に話を聞いてきます。 映画を「見せる」という視点で活動を続ける人々…


フィルムコミッションガイド

『フィルムコミッションガイド』 長島一由 著 2007年 WAVE出版 あらゆるロケの誘致、便宜を図るなど、撮影が円滑に進む段取りをする団体、 それがフィルムコミッションです。 これが全国にあり、地方自治と結びついている…


字幕の中に人生

『字幕の中に人生』 戸田 奈津子 著 1994年 白水社 著者については、説明は必要ないでしょう。 何度、映画のエンドロールの最後に名前を見たことか。 この本は確か、発売してすぐに本屋に買いに行った覚えがあります。 著者…


映画にしくまれたカミの見えざる手

『映画にしくまれたカミの見えざる手』 谷國 大輔 著 2009年 講談社プラスアルファ新書 旅先の本屋さんで平積みになっていて、 パラパラとめくってすぐにレジに持って行きました。 友情出演の意味、映画の長さについて、映画…