映画監督50人自作を歩く


『映画監督50人自作を歩く』
東京新聞編集局 編集
2001年 東京新聞出版局

著名な映画監督たちが、過去の自分の作品のロケ地を再訪し、
当時の映画背景について語っているドキュメンタリー本です。

50人の監督、ほぼ全員知っている名前ですが、顔は知らないものです。

それぞれの監督自身の写真が見れるのもさることながら、
撮影そのものが、ものすごいモノガタリなんだと感じながら読みました。

偶然と熱意の重なった場所に、作品が生まれるんだと、つくづく思いました。

どんな有名な監督も、映画作りで楽なことは一切ないのですね。