デジタル映画撮影術

『デジタル映画撮影術』
ポール ウィーラー 著 / 石渡 均 訳
2003年 フィルムアート社

今回は、ちょっと変わったススめ方をします。

タイトルだけ聞いて「読みたいですか?」と聞かれれば、
まず間違いなくみんな手を上げるようなタイトルの本ですね。

注意が必要です。

この本は、完全に技術者向けであり、
趣味で個人でみんなでワイワイ映画を作る分には、
ちょっと方向性が違います。

著者は、イギリスBBCで長年映像カメラマンをしてきた人物だそうで、
新人の教科書としての目的で書いたようです。

カメラ撮影技術を深堀したい人にはおススメです。
色温度やフィルタ、照明についてなどの細かい設定まで、
事細かにまとめられています。

一方で、別の本を買った方がいい方もいると思います。