映画の授業

『映画の授業』
黒沢清ほか 著
2004年 青土社

脚本・演出・撮影・録音・編集。
映画美学校のそれぞれの授業を文字で再現した本です。
プロになりたいわけじゃない人が読むと、
ちょっと小難しい部分もあるかもしれません。

編集はやはり、実際に動くものを見ながらの方が学習しやすいかな、
と思いました。
一方、録音の話はかなり身につまされるものがあり、面白かった。

「普通の会社員をこなせる人なら映画を作れるし、
 逆にきちんと映画を作れる人は会社員もこなせる。」
これは、完全に同意見です。