表現のビジネス—コンテント制作論

『表現のビジネス—コンテント制作論』
浜野 保樹 著
2003年 東京大学出版会

映画を中心に、行程、人材、収益構造、教育、アーカイブなど
コンテンツ産業をあらゆる方面から網羅的に紹介した本です。

某有名監督のコメントで「映画の作り方とか全部嘘なんです。
こういうものが作りたいと思うものができあがるんです」とある。
これは非常に理解できます。
ただ、ビジネスで成功したい人に「人に感謝すれば成功するんだよ」
と言ってるくらい漠然としたアドバイスであることも分かります。

これに対し著者は「他人に観てもらったり大勢と共有するには、
慣れたフォーマットに従う方が無難である」と現実的なコメントを返しています。

こういった、教科書だけでない部分を読むのも面白かったです。

また、あらゆる用語が英語でも併記されてて、そういった勉強にもなります。