時代劇の作り方

『時代劇の作り方』
飯村庸一・春日太一 著
2011年/辰巳出版

長年時代劇を作り続けてきたプロデューサー飯村庸一氏の、
語りによる日本の時代劇の歴史本です。

具体的に撮影の方法や技術論が出てくるわけではなく、
プロデューサーがどんな視点で作品を作ってきたかを
ひも解く気持ちで読みました。

●プロデューサーと脚本家、監督の関係も、結局は信頼感である、と。
 気持ちが合わない、と感じているいい作品にはならない。

●プロデューサーには、現場のクリエイティブに任せる、
 という度量が求められる。

●制作時には、関わる人たちの立場や思惑が交錯するから、
 時には収拾がつかなくなることがある。
 その糸をほぐしていくのが、プロデューサーの仕事だ。
 だから、人の心理の綾を読み取ることが何より大切。