原田眞人の監督術

『原田眞人の監督術』
原田眞人 著
2007年 雷鳥社

原田眞人監督。
映画監督としてよりは、『ラスト・サムライ』の大村役として有名なんじゃないかと思います。
彼が、映画制作について語っている本です。

幼少期の映画との関わりから、影響を受けた監督の技などをつづっていきます。
映画好きには、中盤の映画制作一問一答が参考になると思いますよ。

プロデューサーも、役割やタイプによって関わり方を変える、などは素晴らしい記述です。
夜間撮影は、コストに影響するので本当に夜間にする必要があるのか事前にチェックする。
車内撮影は避けて、ガソリンスタンドに寄る、など具体的なアイデアがいっぱいです。

原田監督は、予算のことも考える、プロデューサータイプだと感じました。
個人的には、ハリウッドに渡ってからの日々についても聞きたいなと思いました。