続 映画を旅する

『続 映画を旅する』
田沼雄一 著
1997年 小学館ライブラリー

日本映画のロケ地を著者が訪問するシリーズの続編。
昭和初期の古い映画がほとんどだが、比較的新しい映画や、
見たことのある作品が取り上げられているとワクワクします。

映画とは、ロケが行われたその土地も、立派な出演者、
いや、映画の雰囲気を決める一大要素なんだとつくづく思う。
その土地の持つ雰囲気、坂が醸し出す匂い、建物がもつ風格。
自分の撮りたい映像を考え、それを実現するためのロケハンにも身が入りそうな一冊です。

自分が昔住んでいた場所がロケになっていたと知り、これは行かねば、と思いました。