いつの日にかきっと

『いつの日にかきっと』
藤井誠二 著/山田茂 写真
2002年 株式会社アートン

梁石日の小説『夜を賭けて』の映画化に参加すべく情熱を傾ける、
在日の若者たちのインタビュー&写真集です。

映画の制作行程にはほとんど触れず、登場人物たちがどんな想いで
映画に関わろうとしているのかをつづっていきます。
まさにこれこそが、映画作りだと思うんです。

伝えたいことがある。表現したいことがある。
伝えなきゃいけないこと、残さなきゃいけないこと。
それを、ストーリーと映像に乗せて届ける。残す。
映画を作るということを、ひしひしと感じさせてくれる本です。
近々、小説を読もうと思います。