トムさんの映像の撮影でたいせつなこと

『トムさんの映像の撮影でたいせつなこと』
トム・シュレプル 著 / 島田英二 訳
2010年 株式会社スノウバグズ

表紙のイラストも柔らかく、とても初心者受けしそうな装丁になっています。
それにつられて読んでみました。

イラストも多く、語り口調もソフト。
とっつきやすい書籍だと思います。

しかし、書かれている内容は、そこそこ本格的だなと感じました。
何も知らない人が「このくらいは理解しないと・・」という考えでトライすると、ちょっと挫折しそうになるかなと。

どうやら本書は、アメリカの大学の教科書にもなってるようです。
そういう意味では、基本的なことがきちんと抑えられている書籍、と考えていいと思います。

「納得しないと動けない」タイプの人に向いている本かなと思いました。

そうじゃない人は、本など読まずにスマホで撮りまくって感覚をつかむ方が早いでしょう。
(その後に、本を読むとさらによし!)