マンガで分かる子供向けのユーチューバー本


子供向けのユーチューバー本は
一体どんなことが書かれているのか?
映像の制作についてマンガでどう解説しているのか?
を知りたくて目についた2冊を読み比べしてみました。

(1)
『マンガでマスター ユーチューバー教室』
監修 FULMA株式会社
2018年 ポプラ社

個人情報や著作権についてもしっかり触れられている。
限定公開にしてアップし、大人にチェックしてもらう。
コメント欄も承認制にするなど、なるほどそこかと。

(2)
『ユーチューバーになるには?』
監修 株式会社BitStar
2018年 金の星社

ユーチューバーは楽しいよ!
こんなところに気をつけよう!
ということのみに絞った本です。

<まとめ>

具体的に作る方法が書かれている訳ではないので、
マニュアル本としての価値はないでしょう。

ただ、やってみようかな!と
背中を押すことを目的にしているんだなと思いました。

子供向けであると同時に、
子供から聞かれた時の大人からのアドバイス本にもなりますね。