儲かる音楽損する音楽


『儲かる音楽損する音楽』
持田騎一郎 著
2008年 ソニー・マガジンズ新書

お店でどんな音楽をかけると儲かるのか、
という音楽と人の気持ちの関係をビジネスに活かそうという本です。

空間を埋める音楽、食欲を刺激する音楽…
そんな音の特性について書かれています。

そう。
映画も、音楽の使い方で大きく違ってきます。
そんな視点でこの本を読むと、得るものも大きいのです。