世界が注目する日本映画の変容


『世界が注目する日本映画の変容』
丸山一昭:著
1998年 草思社

業界に長くいる著者の、映画業界とその変遷のお話。
業界の評論とも言えるかもしれません。

僕は“映画評論”があまり得意ではありません。
言うのも読むのも。

分析するのは面白いものもあるけれど、
批判するのは嫌いです。

さてこの本。
著者は映画、映像業界の経験を残すことと、
そしてがんばれ!と応援することを目的にしているように思えます。

そんなに古くない内容なので、すらっと読めます。