03監督・役者

ぼくの青春映画物語

『ぼくの青春映画物語』 大林宣彦:著 2000年 集英社新書 実は、僕が生まれたのが広島県尾道市。 大林宣彦監督のふるさとでもあり、映画の街としても有名です。 この本では、著者がどんな風な少年時代を過ごし、 そしてどのよ...
03監督・役者

女たちよ!

『女たちよ!』 伊丹十三:著 2005年 新潮文庫 エッセイの名手と名高い著者の本を、初めて読んでみました。 これは個性豊かだ。 語り口調が独特で、イラストも著者のもの。 こんなエッセイ本、いつか出したいものです...
★ベスト

<キムラ式>音の作り方

『音の作り方』 木村哲人:著 1999年初版 筑摩書房 この本は、面白いよー!! 映画『ラヂオの時間』の、いろんな道具を使って音を作り出す世界を 仕事にしてきた著者の『音』論。 いろんな音の作り方から、音の考...
06上映・公開

映画の仕事はやめられない!

『映画の仕事はやめられない!』 附田斉子:著 2005年初版 岩波ジュニア新書 確か、岡山駅の駅ビルの本屋さんで何か読みたいなと思って衝動買いした本です。 配給・買い付け・宣伝という、僕がとても興味あって そして詳しく...
03監督・役者

クロサワさーん!

『クロサワさーん!』 土屋嘉男:著 2002年初版 新潮文庫 いわずもがなの映画界の巨人。 その下で一緒に仕事をしたスタッフによる、回想録。 いろいろ読む度、こういった巨人と一緒に仕事をするのは、 ものすごく辛く...
01企画・準備

ロケハン

『ロケハン』 陽気婢:著 2002年初版 小学館 今回はとても珍しい、自主映画を題材にしたマンガです。 ブックオフで見つけて、「お」と即買いしました。 内容は、青春ラブコメ、です。 よく見る光景がマンガになってい...
09その他

村上龍映画小説集

『村上龍映画小説集』 村上龍:著 1998年初版 講談社文庫 自分自身が人生に迷いまくっているからか、僕は自伝的小説が大好きです。 この本も、著者の自伝的小説風にまとめられています。 麻薬とセックスに明け暮れる主人...
07プロデュース

つんくタウンの発想

『つんくタウンの発想』 つんくタウン:編 2001年初版 角川書店 昔やっていた(らしい)深夜番組「つんくタウン」にて、 つんくが1億円を映画に投資したドキュメンタリーをまとめた本です。 番組は見たことがないんです...
09その他

消えた虹

『消えた虹』 吉田 茂夫:著 2000年初版 文芸社 映画のフィルムビジネスに夢をかけた、著者の青春自伝小説。 これはちょっと、見かけない毛色の本です。 表紙は白地にぽつんと、フィルムカメラの写真が載っているシンプ...
06上映・公開

あの映画は何人みれば儲かるのか?

『あの映画は何人みれば儲かるのか?』 松尾里央:著 2008年初版 TAC出版 これは珍しい、映画の会計の本です。 映画とお金を結びつけて考えている人は、必読かもしれません。 この本では、有名な映画を取り上げ、役者...
タイトルとURLをコピーしました