クライマックスまで誘い込む 絵作りの秘訣

『クライマックスまで誘い込む
絵作りの秘訣』

マルコス・マテウ=メストレ 著
2014年 designstudiopress

水墨画のようなタッチで描かれているので、
初心者が誰でも描ける、というわけではないでしょう。
タッチはいかにもアメリカン、です。

「構図と光の当たり方を組み合わせた絵作り」についてサンプルを掲載しています。
専門用語もたくさん飛び出します。
しかしこれはいちいち理解する必要もないでしょう。

サンプルを見ればワクワクします。

見上げると威圧感が出て、
見下ろすと不安感が出る、
などは分かりやすい。

それ以外にも、膨大なデータが並んでいます。

例えば・・

●だだっ広い風景にポツンと1台の車があると、
次に何かが起こることを暗示する効果がある。

●首から下だけを見せ、持ち歩くバッグや、
イラついている手の動きを写して緊張感を高める。

●画面に写っている人物も、帽子などで顔が隠れていれば、
構図の一部でありストーリーには関係ないキャラクターとして描ける。

これをそのまま再現するのはなかなかハードルが高いと思いますが、
気に入った構図を選んで、自分の作品に使ってみるのも面白いでしょう。

※著者のブログで絵のタッチが確認できます。
http://marcosmateu.blogspot.jp/