09その他

ルーカスを超える

『ルーカスを超える』 寺田憲史:著 2000年初版 小学館 その昔、サラリーマンになって最初の年、 仕事がどうしても楽しくなくて、 会社の帰り道に、いつも本屋に立ち寄っていました。 そんな時、目に入った本です。 この本は、著者がアニメーター...
06上映・公開

映画は予告編が面白い

『映画は予告編が面白い』 池ノ辺直子:著 2002年初版 光文社 予告編制作会社を経営する著者が書いた、予告編の作り方。 予告編にしぼってこれだけ詳しく書かれた本は、他にはないんじゃないか。 数十秒の枠の中で、どこまで表現するか。 予告編っ...
03監督・役者

バートン オン バートン 〜映画作家が自身を語る

『バートン オン バートン 〜映画作家が自身を語る』 マーク・ソールズベリー:編 遠山純生:訳 1996年初版 フィルムアート社 ティム・バートンの半生を描いた本です。 彼が幼少の頃どんな子どもだったか、どうやって映画の世界に入っていったか...
01企画・準備

神楽坂映画通り

『神楽坂映画通り』 小林 政広 著 1999年 ケイエスエス 最も繰り返し読んだ、映画本の一つです。 長い下積みを経て、世に出てきた感のある小林政広監督の自伝的小説。 映画が作りたくてもがく、主人公の青春を描いています。 僕が仕事も映画もう...