映画を撮りながら考えたこと

『映画を撮りながら考えたこと』
是枝裕和 著
2016年 ミシマ社

『誰も知らない』『そして父になる』『万引き家族』など、今は日本を代表する監督と言っていい著者が、自分の作品について、また映画について語る本です。

個人的には、1999年に『ワンダフルライフ』を見て強く印象に残っていました。
当時は何も考えずに見ていましたが、テレビドキュメンタリー出身というのが強く出ていた作品だったのだと、本書を読んで分かります。

社会のこと、事件のこと、宗教のこと、政治のこと、家族のこと・・。いろんな問題について考えを巡らせながら、そこで考えたことを元に映画を作っていく。そんなスタイルの監督のようです。

本書は、「カメラの使い方」とか「編集テクニック」などとは真逆の内容。

映画の作り方というより、著者の思考とその変遷、そして表現についてページが割かれています。ほとんどが「思考」の本。まあタイトル通りなんですけどね。

だからこそ、普通の映画本では味わえない、じっくりと著者の思考を追いかけることができます。

冒頭、「絵コンテに縛られていた」と告白から始まります。絵コンテをしっかり描くことで、撮影当日はそれを追いかけることになってしまった、と。「撮って、編集して、考えて、また撮る」というドキュメンタリーの制作のあり方に魅了されている、とも書いています。

とはいえ、カメラの位置とマイクの位置、光の使い方など、制作に参考になりそうな部分も散見されます。

・シナリオを渡さず、口伝えで演出する方法も使い分ける
・音の「大小」ではなく「遠近」にもこだわり、音の距離感と拡散の違いを加える
・監督助手というポジションを加える撮影法
・感情は説明をしない。説明してしまうと、それを表現しなくちゃいけないと思ってしまう役者が往々にしている。「悲しい」と言えば、台詞に悲しみを込めようとする。それを避けたい。

その他、海外の映画祭でのエピソードや、映画以外のことの教養を身につけることなども触れています。海外の映画監督はある程度の特権階級やエリートが多いが、日本の映画界は自主映画出身者ばかりだと。

最後の「これから撮る人たちへ」では、お金について触れています。プロの監督になるということは、予算についても考えないといけないということですね。

本の分厚さだけでなく、内容的にもボリュームのある本です。

DJIのドローンで今すぐいろんな物を空撮しよう!

『DJIのドローンで今すぐいろんな物を空撮しよう!』
株式会社セキド 著
2016年 秀和システム

ドローンに興味ある人のために、広く知識を補ってくれるであろう本です。
レースイベントをやったり、警備に使ったり、調査やブライダル、町おこしに使ったりと、様々な事例も掲載。

いろんなメリットが語られる中、「バッテリーの持ちがもっと長ければ」「普及のためには法整備やルールづくりが必要」といった点も書かれています。

初心者向けの一問一答も分かりやすくていいですね。
ただ、「どの機種がいいか?」については、DJI社が絡んでいるので、同社の機種のみの紹介になっています。

「最初はどこで練習するか」も誰もが興味ありますが、水のない広くて、禁止されてない場所で、機体に害を及ぼす電波などがない場所。
関東都心部ではほぼ無理じゃないか、と個人的には思います。

僕自身、何年も前におもちゃのようなドローンを購入し、試してみたことがあります。当時は、ホバリング(空中で飛んだまま停止)ができず、すぐに壊してしまいました。今は自動ホバリング機能もついてます。

あと、想像していた以上の音のうるささ。ウイーン・・という羽とモーターの音があるため、セリフがある役者の周りを飛ばすような撮り方は(今のところ)無理だと思います。

ドローンを練習したい人は、独学よりもスクールに通った方がいろいろ楽で早いだろうと感じました。

技術というのはどんどん進むもの。
多くの人が気になる点は改善されていくでしょう。
ドローンを個人映画にどこまで使えるのかは、これからも追っていこうと思います。

西村雅彦の俳優入門―1カ月で効果が出るセリフのメソッド

『西村雅彦の俳優入門―1カ月で効果が出るセリフのメソッド』
西村雅彦 (著)
2016年 飛鳥新社

著者は初心者向けのワークショップを開催していて、ゼロから演じるためのノウハウについて触れている本です。
しかし、演技論、役作りといったものではなく、身体の使い方、というシンプルなもなに重点を置いて解説しています。

俳優の基本は伝えること、と言い切ります。
会話をしているようでいて、実はお互い自分のことだけ一方的にしゃべっている、ということは多いと。そしてそのためには声が肝になると。

・声の出し方は距離を表す。
・声の出アタマを強くいう。
・お尻を伸ばさない。
・聞く、ことも大事。そのためには集中力がいる。

演じてみたい初心者だけでなく、演出する側の初心者監督さんにも役立つ本だと思いました。
最後の章の、著者なりの俳優論・演技論も面白いエッセイ集になっています。

「写真で食べていく」ための全力授業

『「写真で食べていく」ための全力授業』
青山裕企 著
2016年 玄光社

直球のタイトルに偽りのない本だと思います。
写真撮影をテーマにした本ですが、この内容は映画制作にも置き換えることができるでしょう。

「機材の良さと腕前だけでいったら、プロとアマの差はそれほどない時代になった」と著者は言い切ります。
その上で、あなたはどうしますか?と尋ねられる。
「あなたは何を撮りますか?」
「あなたは何を表現したいですか?」と。

そしてそれを実現するための考え方や手法を事細かに解説していきます。

持ち物リストや撮影時のバックアップ法といったことから、
営業方法やポートフォリオの作り方、見積書の書き方から著作権のことまで。

必要な知識は一式揃った書籍だと言っていいのではないでしょうか。

ただね、この本を読めば写真で食べていける、ということではありません。
一番大事なこと、「あなたはどうしますか?」は自分で考えなければいけない。

「作品が売れる(評価される)ためには、クオリティーや時代とのマッチングもさることながら、共感を得ることが重要」
この言葉も刺さりました。

スクリプターはストリッパーではありません

『スクリプターはストリッパーではありません』
白鳥あかね 著
2014年 国書刊行会

長年スクリプターとして映画業界で活躍してきた著者による回想録です。
フィルムの話が多いため、今の自主映画でそのままマネするかというと少し違うとは思いますが、昭和映画史のメイキングとか裏話が好きな人のためのページが大半。
写真も多く、ミーハーな方は楽しめる本ですね。

いくつか内容から抜粋を。

・スクリプターの仕事というのは記録することだけじゃなくて、監督にとっての最良のアドバイザーであること。
・監督はせっかちだから、自分がOKだと思うとすぐOKと口にするが、ゆっくり3つカウントしてからカットをかけるといい。編集上、余裕が欲しい時があるから。

また、映画産業が斜陽になり、映画で残るかテレビに行くかで悩む話があって興味深かった。

「私はテレビ向きじゃないと思った。茶の間でご飯を食べるシーンで主人公の性格からしてこんな茶碗は使わない、とか道具さんに言ったら、そんなことやってたらいつまで経っても撮り終わらないぞ、と」
「日活がロマンポルノ路線になることで、ベテラン監督が一斉に辞めていった。監督室に上から60人くらい入社順に札が並んでる。その札のおしりの人はあと十年くらい待たないと監督になれなかった。それが、その人たちにチャンスが舞い込んだ」
「ロマンポルノでは、現場で録音がなかった。音があるとその分、時間がかかる。ロマンポルノでは録音部の人件費、機材、時間をカットして、後から音を録る」

タイトルはダジャレとして滑ってると最初思ったけれど、実はちょっと面白くハートフルなエピソードで実際に言われた言葉だと分かります。

Sound Design 映画を響かせる「音」のつくり方

『Sound Design 映画を響かせる「音」のつくり方』
デイヴィッド・ゾンネンシャイン 著/シカ・マッケンジー 翻訳
2015年 フィルムアート社

音楽ではなく、音の本です。効果音とか環境音について。
すごく緻密な本でした。

いくつか面白かった点をピックアップします。

・時として音は映像よりも強い力を持つ。
『ゴッドファーザー』で主人公がレストランで銃を撃つ際、電車が轟音を上げて走り去る。
しかしその電車は一切画面に映らない。

・シナリオを読んで、必要な音をピックアップする。
-人物や物体のアクション
-音がある環境
-登場人物や観客が体験する感情
-場面転換やストーリーの移り変わり

・ビジュアルマップ(ストーリーと音の流れ)、サウンドマップ(具体的な音、心情的な音、音楽、声を区別する)を作る。

・私たちが一度に認識できる音は2つまで。

・音によって空間のサイズを感じ取ることができる。

・脳は音を処理するのに時間がかかる。アクション映画でカットがどんどん速くなっても、それに合わせた音を入れると脳が追いつかない。

また、いろんな表があって興味深いです。

<感情の音表現表>
例)
嬉しさ=速い動き、協和音の多用
慈悲=低い音の繰り返し

<音楽ジャンルと感情>
例)
賛美歌=落ち着き、深い平穏
バロック=正確さ、秩序

撮影が終わった後、編集するときに役立つ本なので、こだわり派の監督さんが一人でじっくり取り組むのに向いてると思います。

撮ってはいけない

『撮ってはいけない』
飯野宝 著/紺野礼央 監修
2017年 自由国民社

スマホで気軽に写真が撮れる時代。
「撮っていい・悪い・法律に触れる」という視点で
様々なケースについて解説しています。

●背後に写り込んだ人物や乗り物、建物は、著作権侵害にも肖像権侵害にもならない。
●公園や路上のオブジェは自由に撮れる。

などは、なるほどな、と思いました。

しかし、映像の撮影となると、気になることはいっぱい出てきます。

公共の場でロケしていて、誰かが市販の音楽を流してたら・・。
以前、撮影場所のすぐ近くでカラオケ大会が開催されてたこともありました。

パソコンのホームページは撮っていいのか、も気になる。
僕は撮影に必要なホームページは自作してしまう派です。

ただ脚本書いて頑張るだけが映画づくりではない。
仮に問題がなくても、相手のことを考えて許可を取る。
それもマナーじゃないかと思います。

トムさんの映像の撮影でたいせつなこと

『トムさんの映像の撮影でたいせつなこと』
トム・シュレプル 著 / 島田英二 訳
2010年 株式会社スノウバグズ

表紙のイラストも柔らかく、とても初心者受けしそうな装丁になっています。
それにつられて読んでみました。

イラストも多く、語り口調もソフト。
とっつきやすい書籍だと思います。

しかし、書かれている内容は、そこそこ本格的だなと感じました。
何も知らない人が「このくらいは理解しないと・・」という考えでトライすると、ちょっと挫折しそうになるかなと。

どうやら本書は、アメリカの大学の教科書にもなってるようです。
そういう意味では、基本的なことがきちんと抑えられている書籍、と考えていいと思います。

「納得しないと動けない」タイプの人に向いている本かなと思いました。

そうじゃない人は、本など読まずにスマホで撮りまくって感覚をつかむ方が早いでしょう。
(その後に、本を読むとさらによし!)

映像編集者のリアル

『映像編集者のリアル』
2018年 玄光社

現役で映画やアニメの編集を担当する、
映像編集者のインタビュー集。

ちょっと珍しい本ですね。

監督と編集者の関係に始まり、
それぞれ何の編集ソフトを使っているのか、
またどうやって今の仕事に就いたかまで、
興味深く読みました。

ちなみに、共通した編集ソフトは、
Avid、Premiere Pro、Final Cut Pro。

最後に登場する、実際の編集ソフトの画面が新鮮でした。
他人の編集した画面を見ることってないですからね。

7人のインタビューからいくつか抜粋してみます。

・監督と編集マンは、気が合うかどうか。
映画はもちろん、音楽や漫画の嗜好が近いのは大きい。

・役者の心情が理解できなくて、なかなか編集方針が定まらないこともある。

・絵コンテ通りにつなげるだけと思われるけど、そのままつなげてもうまくいかないこともある。

・カットを削るだけでなく、足すこともある。間合いを伸ばしたり。

・組む監督によって編集スタイルが全然違う。
編集者に委ねてくれる監督と、委ねてくれない監督がいる。

・原作があっても読まないようにしている。結局、スクリーンに映ってるもので勝負しなきゃいけないから。

・まず自分の好きなようにつないでみて、監督の指示と答え合わせをする。

・気持ちの良い余韻や間は、監督によって個人差がすこくある。組む監督の感覚を探りながら進める。

・ぶっ続けで編集していると、ストーリーが分かってしまっているので、必要なところも削ってしまう。初めて見る人の視点に立たないといけない。

非道に生きる

『非道に生きる』
園子温 著
2012年 朝日出版社

無茶する監督、という印象の園子温。
彼の映画に対するエッセイ集です。

読んで驚きました。
「戦略的に無茶をしてきた」ことにです。

映画を作って世に出たいと考える人は、
少なからず参考になると思いました。
(決して真似をしろ、ということではなく)

いくつか抜粋します。

・たいていの映画は映画しか意識していないように思う。「映画的」と言われる得体の知れないものだけを探る人が多い。

・僕が映画を作るとき「当事者になりきる」ことを大切にしている。僕の考える取材とは、聞いて、話して、体験すること。対話。
報道の取材では、言葉は全て過去形で語られる。現在進行形ではない。
今現在の体験を描くこと。これが、僕が実話を基にドラマを作る理由の1つ。

・フォーマットを真似ることの意味のなさ。
小津っぽさも、黒澤っぽさも、彼らは凄まじい試行錯誤から生まれている。

・マーケティング的な手法は現代人に見透かされている。そうであれば、次に何が飛び出すか分からない興奮を与えるように行動した方がいい。

・自分の作品が認められない、と時代を嘆くのではなく、自分の作品を無視できないくらい量産して時代に認めさせればいい。

・一本の映画制作のために時間をかけすぎると、出演者の選択やストーリーの展開に気を揉む時間ができてしまう。これは弊害。

・自分が自分の最も良き理解者であり、パートナーであればいい。